日常・海外旅行・仕事で役立つ!使える英会話

トップページ >挨拶編(会った時、別れ際)> 会ったときの挨拶に使える英会話フレーズ

会ったときの挨拶に使える英会話フレーズ

知人・友人に会った時は、"Hi!" " Hello!" "Good Morning." "Good afternoon."などの挨拶の後、
<1>相手の調子を気遣うフレーズ、または<2>近況を聞くフレーズを言う
のが普通です。
最初の挨拶でその人の印象が決まりますから、言いやすい使える英会話フレーズをしっかり覚えて、いつでもすらすらと言えるようにしましょう。以下は、ネイティブが良く使う英語表現ばかりです。


<1>相手の調子を気遣うフレーズ


(A) How are you?

   元気?/お元気ですか?

(B) How are you doing? (友人同士で使うややくだけた言い方)

   元気でしたか?/元気してた?

(C) How have you been? (久しぶりに会った人に使う言い方)

   元気だった?/どうしていましたか?/どうしていた? 

(D) How have you been doing?

   元気だった?/どうしてましたか?

(E) How's it going? (くだけた言い方。発音は、How's going?みたいな感じで)

   元気?/調子はどう?/どう?/うまくいってる?


アメリカの日常生活では How are you? より、How are you doing?と聞かれるほうが
多いかもしれません
。(ときによっては「オッス」みたいなニュアンスもあります。)


*挨拶であれば、(A)と(B)は、ほぼ同じ意味です。
でも How are you doing? はシーンが違うと、経過を聞く質問にもなります。
例:How are you doing?(with your homework?)="with your homework"が省略の質問。


◆最近、元気のない相手にぴったりの挨拶のフレーズ

(F) How have you been feeling lately?

(G) How are you getting along?

(H) How are things?

  *落ち込んでいる友達や体調を崩している友達に対して使える英会話フレーズです。  
  ただし(G)(H)は、元気に言うと、普通の「元気ですか?」になります。


◆とても元気そうな友人に会ったときにぴったりの英語フレーズ

  You look great! (元気そうだね!)


■体調を気遣うフレーズへの返事・答え方


(1)調子がいいよ、最高だよ!と答えるとき:

 Pretty good!/Great!/Good!/Excellent!/ Super! など

  *Fine.と答えるネイティブは少ないです。気持ちがこもっていない雰囲気があるからです。
  *若い人だと、I'm good. と言う人もいます(Goodが強調される)。

(2)まあまあの調子だね!と答えるとき(無難な答え方):

 Not bad./ OK./ Alright./ Not so bad./So so.(少し調子が悪そうなニュアンスがある)

(3)調子が悪い/ひどい状況だ、と答えるとき:

 Not so good./Could be better./ Could be worse./ Lousy./Terrible.
 ★悪い状況を少し詳しく伝える返事をするなら、
   I'm tired./I don't feel well. など、状況を伝える。


★長く文法的に答えるとき:
  (B) How are you doing? への答え方は、I'm doing good./I'm doing fine. など。

  (C) How have you been? (D) How have you been doing?への答え方は
    I've been good./I've been all right.など。

  (E) How's (it) going?への答え方は、It's going well.など。

  (H) How are things?への答え方は、Things are OK. など。


>> <2>近況を聞く英語フレーズ


【同じカテゴリの記事一覧】

 <1>相手の調子を気遣う英語フレーズ
 <2>近況を聞く英語フレーズ
 <3>会った時の挨拶の英会話例



Page Top ▲